例祭(秋季大祭)の神賑行事(かみにぎわいぎょうじ):だんじり曳行について


令和3年のだんじりは曳行自粛となりました。
<9月12日に地車連合会の皆さまが神社に来られ、正式に曳行自粛の連絡がありました。>
神事(例祭・宮入式など)は、関係者のみの参列にて
10月10日(日)に斎行します。

なお、いわゆる密になることを避けるため、
神事の時間や詳細は非公開と、させていただきます。
「不特定多数の方が、集まること(いわゆる三密)を避けるため」
ですので、ご理解ください。

ご注意

だんじりは曳行自粛ですが、神事は例年通り行います。
また、ご祈祷は予約制で通常どおり受付けております。


お知らせ
例祭(秋季大祭)にあたり、お供えを受付けております
お供えは「10月1日〜10月11日まで」社務所にて受付けております。
(受付時間は、午前9時〜午後4時までです)


宮入行事

例年、スポーツの日の前日(日曜日)の、午前10時に開始
(10月第2月曜日がスポーツの日)

令和3年は10月10日(だんじり曳行自粛のため、宮入行事は中止)
令和4年は10月9日
令和5年は10月8日
令和6年は10月13日

宮入の順番や曳行コースなどは、地車連合会にお問い合わせください


例祭(秋季大祭)について

例年、宮入行事のあと午前11時から斎行します

宮入行事が10月10日以外の場合、再度10月10日(本来の例祭日)に神職のみで祭典を斎行しています
なお、令和3年は10月10日に例祭を行うため、神職のみの祭典は行いません